【らんまん】料亭みさと(巳佐登)は実在?モデル店の名前・場所・現在を調査!【叔母みえの店】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
らんまん寿恵子が仲居に!料亭みさとは実在した?モデル店の名前や場所も調査!叔母みえの店「巳佐登」
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

2023年の朝の連続テレビ小説「らんまん」。

第21週から、寿恵子が叔母みえ経営の料亭で、仲居として働くことになりました。

この料亭「巳佐登(みさと)」は、東京新橋にある設定ですが、本当に実在したのでしょうか?

そこで今回は、朝ドラ「らんまん」で寿恵子の叔母みえが経営する料亭のモデルの店、場所や現在についてまとめました。

スポンサーリンク
目次

【らんまん】叔母みえの店:料亭みさと(巳佐登)のモデルは実在する?

寿恵子が料亭で働く様子

朝ドラ「らんまん」で、浜辺美波さん演じる寿恵子が仲居として働くことになりました。

その勤務先が、叔母の笠崎みえ(宮澤エマ)が経営する料亭です。

この料亭の名前は「巳佐登(読み方:みさと)」

ドラマ内では、東京・新橋にあり、政府御用達の店とされています。

叔母のみえは、チャキチャキとした性格で、何かと世話を焼いていましたが、こんなに立派な料亭を経営する女将だとは驚きでした!

気になるのは、この料亭「みさと」のモデルとなった店は実在するのか?という点です。

調査したところ、そもそも「叔母みえ」についての記録がなく、叔母が実在していたのかも定かではありませんでした。

そのため、料亭で寿恵子が仲居として働いていたのかも確認することができないのです。

ただ、牧野家は借金がかさんでいたため、寿恵子はさまざまな方法でお金を工面しようとしていたに違いありません。

これが実際の話である可能性もゼロではないでしょう。

また、寿恵子自身が経営を始めた”ある店”についての記述がありましたので、次に詳しく紹介していきますね!

スポンサーリンク

【らんまん】料亭は寿恵子が経営していた!場所や名前は?

寿恵子のモデルとなった牧野寿衛さんについては、実は「経営のセンスがあった」ことで知られています。

牧野寿衛の実際の写真
引用:NHK高知放送局

寿衛は48歳の時、家計を支えるため、「待合(まちあい)」の経営に乗り出しました。

待合とは、明治から昭和期にかけて待ち合わせや会合のために場所を提供する貸席業です。

ざっくりいうと、お役人や実業家らが利用する高級料亭で、芸妓を呼んで宴席や密談が行われるところ。

まさに、ドラマ内で叔母みえが経営する料亭「みさと」と似ていますね!

実際に、寿衛が開いた料亭の名前は、実家の別姓にちなんで「いまむら」

場所は、渋谷の荒木山(現渋谷区円山町)だったそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんどんシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次