【ブギウギ】スズ子はマツゲ盛りすぎ?本家笠置シヅ子と比較!つけまつげで警察に注意された過去も

記事内に商品プロモーションを含む場合があります。
ブギウギのスズ子のつけまつ毛がスゴイ?本家・笠置シヅ子との比較や泣けるエピソードも!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

スター歌手・笠置シヅ子をモデルにした朝ドラ「ブギウギ」。

趣里さんが演じるスズ子の「長いつけまつ毛」がチャーミングですよね。

実は本家の笠置シヅ子さんもマツゲが派手すぎて、警察に注意を受けたこともあったそうなんです。

そこで今回は、スズ子と笠置シヅ子のまつ毛の画像比較、つけまつ毛の秘話についてご紹介していきます!

スポンサーリンク
目次

【ブギウギ】趣里さん演じるスズ子のマツゲがすごい!

女優の趣里さんがヒロインを演じる朝ドラ「ブギウギ」。

「東京ブギウギ」などで一世を風靡した戦後のスター歌手・笠置シヅ子さんがモデルです。

福来スズ子を演じる趣里さんの”なが〜い”つけまつ毛が気になる人も多いのではないでしょうか?

趣里さんの可愛らしい目元が、つけまつ毛効果でかなりボリュームアップしてますね!

きらびやかな舞台衣装ともぴったりです。

ちなみに、普段の趣里さんのまつ毛はこんな感じだそうです。

スポンサーリンク

【ブギウギ】スズ子と笠置シヅ子のつけまつげを比較してみた

スズ子のモデルになった笠置シヅ子さんは、

3センチのつけまつ毛

がチャームポイントの1つだったんだとか!

このような史実に併せて、スズ子のメイクが完成していたんですね。

実際に、趣里さん演じるスズ子と笠置シヅ子氏のまつ毛を比較してみましょう!

スズ子と笠置シヅ子のまつ毛の比較
スズ子と笠置シヅ子のまつ毛の比較

スズ子のまつ毛は、決して盛りすぎではないことが分かりますね!

むしろ、本家の笠置シヅ子さんのまつ毛の方がもっと長い気が・・・。

当時、この「つけまつ毛」のファンだと宣言する人もいました。

評伝によれば、笠置さんの曲のほとんどを手かげた作曲家・服部良一さんは、

ぼくは、笠置シヅ子のつけまつ毛のファン

と語っていたそうです。

笠置さんの普段の「ショボショボの目」との”ギャップ”に魅了されていたんだとか!

つけまつ毛効果で、かなり「映え」ていたんでしょうね。

それほど、当時の笠置さんのまつ毛のインパクトはすごかったのでしょう。

ちなみに、「ブギウギ」の主題歌を手がけた服部隆之さんは、服部良一さんのお孫さんですよ。

スポンサーリンク

【ブギウギ】笠置シヅ子はつけまつ毛が派手すぎて警察に呼び出された?

3センチの長いつげまつ毛が印象的な笠置シヅ子さん。

実は、「つけまつ毛が派手すぎる」と警察から注意された過去があったそうなんです。

今では考えられないですよね!

一体どういうことなのでしょうか?

笠置さんの関連書によれば、1937年に始まった日中戦争が泥沼化。

1940年には、内務省が芸能活動に対して、様々な取り締まりを始めたそうなんです。

当時、笠置シヅ子さんは「ジャズ音楽」で有名になっていました。

「ジャズ=海外の音楽」を歌う代表格の歌手(適性歌手)として、なんと警察に呼び出されてしまったんです。

当時、笠置さんは警察にこのように注意されたそうです。

戦意を昴揚(こうよう)せんならん時、あんたの歌はフンイキがあんまり出過ぎて困る。

当分、遠慮して「直立不動」で歌ってくれ。

と。

さらには、

つけまつ毛が長いから、それを取らなければ歌ってはいけない。

とまで言われたそうです。

もちろん、当時つけまつ毛をしていた歌手は笠置さんだけではなかったのですが、かなり目立つ存在だったのでしょう。

このように、トレードマークの「つけまつ毛」「ダンス」を封じられてしまった笠置さん。

それから戦争中の5年間のブランクは、笠置さんにとっては「みじめだった」「地獄だった」とのちに語っています。

幼い頃からひたすらに「好きなこと」に真っ直ぐ打ち込んでいた笠置さんですから、戦争というどうにもならない事件に巻き込まれてしまうのは本当に辛かったことでしょう。

笠置シヅ子さんの「つけまつ毛」には、こんにな悔しいエピソードがあったのですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、朝ドラ「ブギウギ」のスズ子のマツゲについて取り上げました。

本家の笠置シヅ子さんも「長い3センチのつけまつ毛」がチャームポイントでしたから、忠実に再現しているメイクでした。

警察に叱られるというエピソードがブギウギでも描かれるのか、注目していきましょう!

ブギウギの関連記事はこちらから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんどんシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次